マンション売却のコツ~この方法(裏技)を使って賢く売る!

マンション売却のコツ~この方法(裏技)を使って賢く売る!

マンション売却のコツはいかに買い手の気持ちになって売却活動ができるかどうかです。買い手は何もあなたのマンションでなくても良いはずです。この世にあなたのマンションしかないのであれば選択肢はありませんが、他にも、同じようなマンションが沢山ある訳ですので、その中から、あなたの不動産を選んでもらうのですから、当然、買い手の印象が悪くなるようなことはしてはいけません。

マンションを賢く売る方法(裏技)を紹介!

マンションを売るのは思っている程簡単ではありません。特に高い価格で購入している人は、現在の価格との差にビックリしますし、もっと高く売れるはずと思ってしまうのも無理はありません。もちろん、値下げすれば売れますが、できれば高く売りたいと考えるのが普通ですので、少しでも上手に売却できるように賢く売る方法を紹介したいと思います。

①売却機会をなるべく逃さない
②不動産会社選びを間違えない
③市場価格と差がありすぎると売れない
④新築マンションが売れる理由を考える
⑤引越してから売るのも方法の一つ

①売却機会をなるべく逃さない

不動産の売却は自分の家を気に入ってくれる人を一人見つければ良いのですが、その一人を探すのは簡単ではありません。そもそもマンションを買いたいという人に「こんなマンションが売りにでてるよ」という情報を届けなければいけないので、簡単に探せる訳がありません。何か物を買うのとは違い、人生で最も高額な商品を買うわけなので、母数も少ないんです。

その為、一人でも多く売却の機会を作る事が大切になってきます。例えばの話をしますが、売却する際には必ず、実際に気になったマンションを内覧して購入するかを検討します。内覧に来るという事は、マンションの情報を不動産屋もしくはインターネットなどを利用して見た方が気になって内覧の申込みをして見学に来ています。要は見学前の段階では、これから購入する候補の一つに入っていると考えて良いわけです。内覧後にどう感じるかはわかりませんが、まずは内覧させて物件との接点を作る事が何よりも重要です。

しかし、売主の中には、自分の予定を優先して内覧希望者の予定と合わず内覧を断る人がいます。もしかしたら、その人が購入してくれる人かもしれないのにです。機会を逃しても今後内覧希望の方は現れるとは思いますが、売却の可能性がある限り、なるべく予定を合わせるようにしておかないと、チャンスを逃してしまいます。

どうしても外せない用事もあるかもしれませんが、売却期間中はなるべく予定を合わせるようにして準備しておくべきです。

②不動産会社選びを間違えない

マンション売却成功は不動産会社選びにかかっています。どの不動産屋を選ぶのかは高く売却、低い価格など、業者次第で差が開きます。最低限気をつけて欲しいのは、不動産会社には得意、不得意があるという事。

あなたは不動産会社と言うと、どういう所を思い浮かべますか?

おそらく、多くの方が思い浮かぶのは駅前などにある賃貸の不動産会社かと思いますが、不動産会社には賃貸、売買、管理などそれぞれ得意としている分野が異なりますので、もし売却する場合は、売買を得意としている会社に依頼した方が上手くいく可能性が高いはずです。中には売買も賃貸も両方行う会社もありますが、出来るなら、売買を専門でやっている会社の方が良いでしょう。売買経験の数も多いはずですし、情報も蓄積されてるからです。

また、売買を得意とする会社でも、さらに一戸建て、マンション、土地など細分化した得意分野があります。マンションを売るなら、マンションの売却に特化している会社や主にマンションを扱う会社を選んで依頼した方が良いでしょう。

③市場価格と差がありすぎると売れない

よくありがちな話しですし、多くの方が同じようにして売却を進めますが、売り出し価格については売主が自由に決められるので、相場を知っていたとしても、売却期間に制限のない場合、相場よりも高い価格で売り出しを開始したりします。100%は無いので、もしかしたら、相場より高い価格でも売れる可能性はゼロではありませんが、ほぼ100%、高く設定した価格で売れる事は無いでしょう。

その理由は買主はマンションを購入するために資金を貯めていますし、決められた予算の中で購入を検討するからです。また基準となる価格は相場ですので、その相違よりも高い価格で売り出されている物件を購入しようとは思いません。もし気になっているとしたら、「申し少し安かったら購入」といった感情かと思います。

よく値下げしたとたんに内覧の申込みが来るようになったりするのですが、それは市場価格とずれた高い価格で売り出していたマンションが通常の相場に戻ったからと言えます。上述したように、売り出し価格を高くする事は100%売れないとは言えませんが、時間がある人以外ははじめから、相場付近の価格で売却開始した方が、早く売れるはずです。マンション相場よりも高く売りたいならこちらを参考に→http://mansion-sell-pro.com/

④新築マンションが売れる理由を考える

どうして新築マンションが売れるのか考えた事ありますか?

「新しい」「キレイ」「オシャレ」などは当然ありますが、その他にも考えられる理由としてモデルルームが貢献していると考えられます。マンションを売りたいと考えている方がこの記事を読んでいると思いますので、一度はマンションを購入した経験があるはずです。新築を購入したかはわかりませんが、新築を購入した人は、マンションが建つ前に購入する訳ですので、モデルルームを見て購入を決めたと思います。そのモデルルームですが、オシャレにインテリアをコーディネートしていたはずです。

オシャレなインテリアを配置してこんな部屋にしたい!、ここはコレを置いてなど、キレイな部屋で想像を膨らませ、良いマンションだなと思わせているわけです。実際には壁紙も真っ白ですし、家具もない状態では無機質ですので、そんな風に思わないので、あえてモデルルームはオシャレに演出している訳です。賃貸でも借り手がなかなか付かない物件でも、部屋をコーディネートすることで契約に繋がる事がありますので、その効果は期待できると思います。

自分のマンションを売却する場合も、この新築が売れる理由の一つを応用する事が可能です。ホームステージングと言って、アメリカでは常識となっている方法で中古物件に関しても、モデルルームのように演出をする事で売却に繋げる手法です。費用はかかりますが、そのまま売るよりも、短い期間で高く売れるという結果もあるので、試してみる価値はあると思います。

もちろん、趣味趣向が偏っているコーディネートにしてしまうと合わない人もいるので、ある程度シンプルにする必要がありますが、売れない不動産でもモデルルーム化することで売りやすくなる事もあるので頭の片隅に入れておきましょう。

⑤引越してから売るのも方法の一つ

売却時に悩む事として、住みながら売るのか、引越しして売るのか悩む事があります。もし住み替えなどで、すでに新居があるなら引越した方が良いと思いますが、仮住まいを借りるという場合はよく検討してから決めるべきです。というのも、いつまでに売れるかわからないので、売る為に引越しをしているのに、賃料が長い期間かかってしまっては値下げして売るのと変わりませんよね?

もし住みながらでは内覧者の反応がイマイチな感じで、なかなか売れないのであれば、思い切って引越しして売るのも方法の一つです。どうしても住みながらの場合、生活感がでますし、購入希望者もこれから住んだ時の想像がしにくいので、マイナスになっている場合もあります。引越す事で物が無い状態にできますし、売りやすくなるメリットがあります。

※仮住まいで賃料がかかる人は十分検討してください。

買主にとって良いと思えることを実践する

マンション売却のコツを紹介してきましたが、基本的には買主が良いと思えることを買主目線で考えて実践するようにしてください。すべて出来るわけではないので優先順位を決めて行動することをオススメします。

マンション売却のコツ

COPYRIGHT© 2014 マンション売却のコツ ALL RIGHTS RESERVED.